メニエール病になった場合、仕事を続けることができるのか不安になると思います。 いつ症状が現われるのか分からない病気なので、仕事中にめまいや耳鳴りなどが起こるかもしれません。 そのため、仕事を続けるのが困難になりますが、だからといってできない訳ではありません。 メニエール病患者の中には、仕事を続けている人がたくさんいます。 症状さえ現れなければ普通に仕事ができるため、極力症状が出ないように努力することが大切です。 ただ、自分1人の力では限界があるので、職場の人の理解も必要になります。 職場の人たちがメニエール病という病気を理解しないと、陰口などを言われる可能性もあるでしょう。 そうなると、働くのが辛くなるので、職場の理解が必須だと思ってください。 長く仕事をしたいと思うのであれば、隠さずに素直にメニエール病だということを伝え、どのような症状が出るのかや完治が難しいということを理解してもらいましょう。 しかし、乗り物を運転するような職業は、メニエール病だと続けることができません。